Low cost, Low price & High return

音楽に対してはまじめに、それ以外はゆるゆるとへんなことを。月に何度か、不定期に書き綴ります。

名刺代わりに読んでほしい記事たち

 

はじめまして、こんにちは。少年Bと申します。フリーのライター・編集者をやっています。

こちらのページをご覧いただき、ありがとうございます。
記事実績、できること、価格、納期等……
少年Bのお仕事についてまとめました。名刺代わりに読んでいただけたら幸いです。

現在はCRAZY STUDYサンポーダメです.ねとらぼジモコロマイナビニュースしながわ観光協会SPOTコエテコ メシ通Workship MAGAZINEマイナビ農業まっぷるトラベルガイドといった媒体で記事を書いています。過去にはRettyグルメニュース(更新停止)、be-topia(サービス終了)でも書いていました。継続・単発案件ともに大歓迎です。 

それではどうぞ、ご覧ください!

 

 

【プロフィール】

少年B (しょうねんびぃ)
1985年生まれ。大阪府出身・神奈川県在住。男性。前職は介護士→建築業。
2018年に32歳でフリーライターに。介護福祉士と2級建築士の資格を所持。
「高カロリーなものを食す罪悪感をあらゆる屁理屈で肯定する宗教」セーフ教の教祖(Twitter上でのお遊びです)。

なぜか友人知人から山のようにポップコーンを送り付けられたり、クソコラの素材にされたり、勝手にLINEスタンプを作られるなど、愉快な日常を過ごしています。

【略歴】

小学生のころ、父の死・いじめ等が重なりうつに。
精神科に通院、メンタルケアを受ける。同時にアスペルガー症候群であるとの診断を受けるが、告知されず。
中・高時代は周囲となじめず、生きづらさを感じる。同時にインターネットに親しみ、ネットの中に居場所を見つける。「少年B」は中2のころ、初めて訪れたポケモン攻略サイト掲示板に打ち込んだハンドルネーム。
高校時代にアスペルガーであるとの告知を受ける。「普通」に憧れ、試行錯誤の日々が続く。介護の専門学校を経て就職。

介護士時代にダブルワークとして某アミューズメント施設でキャストのアルバイトを経験。施設内では紙芝居屋としても活動。ひとを笑わせることのたのしさを知る。

介護士を8年続けたのち、建築業に転身。仕事の傍ら、2017年末に「たのしい」を集めたブログを開始。デイリーポータルZの投稿コーナー「自由ポータルZ」にて多数掲載されたことをきっかけに、2018年8月よりライター業を開始。2020年10月よりWorkship MAGAZINE編集部(株式会社GIG)に加入。現在はライター・編集者として活動中。個人での案件も請け負っています。

【できること】

・ネタ出し/構成
企画ができます。これまでに記名記事を150本以上書いていますが、7割以上は自分で企画提案をしたものです。企画にお悩みのかたはご相談ください。

・アポ取り/インタビュー
取材先にアポ取り・原稿の確認依頼ができます。インタビュー記事や一人取材の経験も豊富です。編集部の負担軽減に役立ちます。

・写真撮影/写真選定
基本的にスマホなので、「上手い」写真は取れませんが、記事には問題のないクオリティだと思います。実際の記事をご覧ください。記事の流れを作る写真選定もお任せください。

・書き起こし
インタビュー記事の書き起こしも自分でやります。また書き起こし業務の依頼も、手が空いていればお受けできます。金額は応相談です。

・執筆/修正
個性の強いユニークな文章が得意ですが、観光協会ウェブサイトの文章も書いています。媒体のカラーに合わせて書きますので、ご相談ください。「個性強め」「まじめに」「顔出しあり」など、ご要望に応じてお受けできます。

・告知
TwitterFacebookの他、はてなブログやnoteでも、書いた記事は毎回全力で拡散するようにしています。事前に公開日がわかっていれば、公開日に合わせて準備をしておきます。飛びぬけた拡散力があるわけではないですが、「ただ書いて終わり」にはしないのが少年Bクオリティです。

 

 

【記事実績① おもしろ記事】

ユニークな企画を立案・開催し、その模様を記事にしたり、おもしろい検証をしたものです。
企画の立案、イベントの運営、執筆までやります。

代表作です。2018年にCRAZY STUDYで最も読まれた記事。
企画・運営・執筆を担当。バズった結果、日経MJから取材を受けました。

2019年にCRAZY STUDYで最も読まれた記事。企画・仕切り・執筆を担当。想像以上のあたまのわるそうさが受け、一部で強烈に話題になったり、ならなかったりしました。

ステイホーム期間に「外出せずに楽しい記事を書いてほしい」とのオーダーを受け、企画しました(媒体のサービス終了に伴い、記事をブログに移行しています)。

 

 

【記事実績 インタビュー記事】

イベントやお店に行ってインタビューをします。基本的に真面目な記事です。アポ取り・カメラマンの手配も可能です。

会社・店舗のインタビューもお任せください。企画提案も可能です。

 

 

【記事実績 対談記事】

出演者としてあれこれ話したり、第三者同士の対談に同席した内容を記事にまとめることもできます。

空想地図作家の今和泉さんと、地図を見ながらああだこうだと話しています。

空想地図作家の今和泉さんが、昭文社役員の方にお話をうかがいました。対談に同席し、記事にまとめています。


 

【記事実績④ 散歩記事】

独自の視点で街を散歩して、たのしいレポート記事を書いています。おもしろ・おふざけ寄りが多いですが、ご要望があればまじめにも書きます。

ぶらぶら街を歩く記事です。歩いてほしい自治体もお待ちしています。フリーなので、どこでも行きます。

 

 

【記事実績⑤ 体験レポート・行ってみた系記事】

旅行記事や体験レポートの記事です。おもしろ/まじめどちらの切り口でも執筆ができます。
おもしろ体験レポートはこのような感じ。

まじめ系の体験レポートはこのようになります。

 

 

【記事実績⑥ チャレンジ記事】

身体を張ります。道とは言えぬ道を歩き通してみたり、家のなかで特大の餃子を作るなどして記事にします。

 

 

【記事実績⑦ エッセイ執筆】

エッセイも書きます。現在実績は取材ありのフードエッセイ1本ですが、取材なしのものも書きますので、ご相談ください。

 

 

【記事実績⑧ コラム執筆】

軽やかな文体で、クスッと笑えたり、自分のダメさを綴るコラムを書きます。

 

 

【記事実績⑨ ニュース記事執筆】

1000~2000字程度の短いニュースです。
バズツイートやニュースリリース等をうまくまとめ直し、読みたいと思える記事に再編集します。

 

 

【記事実績⑩ 記事広告】

PR記事も手掛けます。企画の相談もお任せください。

 

 

【記事実績⑪ 店舗紹介】

お店の魅力をシンプルにまとめて、読みやすく整理してご紹介します。
個性の強い文章が得意なほうではありますが、こういう文章も書けますので、ぜひご相談ください。

 

 

【編集・記事協力】

編集や写真、リード文作成などの表に出ないお手伝いや、みんなでわいわいする記事ににぎやかしで出てたりします。価格はご相談ください。

編集・写真・執筆補助等

記事出演・にぎやかし等

 

 

【その他実績】

・オウンドメディアについて語るウェビナーに登壇しました。

そこそこ喋れるので、イベントなどお気軽に呼んでください。

 

・ウェブメディアの同人誌に寄稿しております。

CRAZY STUDY「エ〇本」(1ページ)

サンポー「あたらしいさんぽのていあん Vol.2」(7ページ)

記事同様、ご依頼いただければよろこんで書きます。

 

・個人でも評論同人誌も作って、コミケ等に出ています。

サークル「花マル農園」としてぶどうの同人誌を出しています。↑のリンクから通販もやってるので、よかったら買ってくだされ。

その他、高校時代に書いた黒歴史小説をまとめた本を出したり、ガッツリ食べれる喫茶店の本も出しています。

 

・同人CD特設サイトにて、ライナーノーツを書いています。

最高にいい曲揃いなので、このエントリ読んだ人全員買ってください(直球)

 

・ライブイベントでDJを(ごくまれに)やります。

その他、ライブでは物販のお手伝い等もしております。ここで言うことなのか。

 

・バンドのMVにも出ています。

なんかそれっぽく言いましたが、エキストラです。3秒ぐらい出てます。

 

・ゲストボーカルとしてライブで歌いました。

ただのライターがライブハウスで歌うなんてことあるんだ。なんで?

 

・ゲーム配信に参加することもあります。

わたし自身に配信環境はないのですが、呼んでいただければそれなりに盛り上げます。

 

こんな感じで、執筆以外にも、なにかしらおもしろそうなことはできる範囲でやります。できなくてもがんばっちゃうかもしれません。ご相談ください。

書くのも得意ですが、しゃべるのも得意です。
紙芝居もできるので、もしなにか機会がありましたら呼んでください。

 

 

【得意なこと】

知らないひとにもわかりやすく、平易なことばでポジティブに書くことが得意です。ふざけたことからまじめなことまで、なんでも書きます。

趣味が幅広いので、引き出しが多いです。
また、好奇心が旺盛です。知らないものごとに、興味を持って取材をすることができます。

顔出しができ、意外なことに締め切りが守れます。話すのも得意なほうです。

車を所持しており、運転ができます。遠方の取材も可能です。

記事を書いたあとの拡散も、できる限りがんばります……!

 

 

【苦手なこと】

棘のある表現はにがてです。下ネタ、炎上狙いの案件は申し訳ないのですが、できません。

ガジェット・ウェブ関連のツールには疎いです。もし教えてやっていただけたらありがたいです……!

 

 

【執筆条件】

下限は設定していませんが、最近は①~⑦の企画・インタビュー記事・取材ありのエッセイだと「4000字前後で3万円~5万円(経費別)」、⑧、⑨のコラム・ニュースまとめ記事だと「1000字~2000字で7500円~1.3万円」、⑩の記事広告だと「4000~5000字で6万円~10万円(経費別)」⑪の店舗紹介だと「1万円~1.5万円(経費別)」程度のご依頼が多いです。

ただ、あまり条件にこだわるつもりもありません。
どうしても書きたいと思った場合、それ以下の条件でも引き受けさせていただくこともございます。どうぞご相談ください。

納期に関しては、抱えている案件や執筆する記事のボリュームにもよりますが、主に取材1日/7日営業日後に初稿提出くらいのスケジュール感です。特急案件は別料金にて承ります。こちらもぜひ、ご相談ください。

 

 

【仕事のご依頼について】

もし少年Bに興味をお持ち頂けましたら、TwitterのDM、もしくはraira21hot@gmail.comまでご連絡ください。当日~3営業日以内にお返事させていただきます。

 

 

【記事いちらんはこちら】

ここで紹介しなかった記事を含め、お仕事で書いたものはこちらにまとめてあります。
「どれどれ、もうちょっと見てやるか」というかたは、もしよかったらぜひ。

 

 

最終更新日:2022年6月13日

【メシ通で記事を書きました】お店選びで後悔したい、痛い目を見たい 清野とおる×パリッコが語るディープな町の飲食店の楽しみ方

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

あのお店が気になる……と思っても、つい一歩を踏み出せなかったり、口コミやネットの評価を気にしてしまう、なんてことはありませんか?わたしはそうです。

せっかくのお食事、外れたくないですもん。だから、ついつい念入りに確認してしまうんですよね。知らないお店に飛び込みで入るなんて、考えられないんです。でも、そんな自分を変えたい気持ちもある……そんなとき、頭のなかに浮かんだのがこのお二人でした。

と、いうことで、『赤羽以外の「色んな街」を歩いてみた』(扶桑社)を上梓した、漫画家の清野とおるさんと酒場ライターのパリッコさんに「ディープな街の楽しみ方」を根掘り葉掘り聞いてみました!

取材中においしいお店の話ばかりをしていたせいか、お二人も「この後飲みに行く?」「いいですねぇ、どこにしましょうか」と完全に飲みモードに。勇気を出して、「ご一緒してもいいですか?」と声をかけ、まさかの取材相手と飲みに行くことに。こんなの初めてだよ!!!

取材もおもしろかったんですが、飲みに行った先のエピソードがおもしろかったので、こちらも合わせて記事にしました。ぜひぜひ読んでくださいね。

あっ、記事になったってことはあの飲み代、もしかして経費になったかも……!?とか一瞬考えてしまったんですが、そういうところが自分の小さいところなのかもしれません。道のりは長い。

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

2022年8月を振り返るまとめ

 

今月もあっちこっち飛び回ったり、この夏に始めた同人サークル活動を張り切ったり、そんな8月でした。記念すべき100回目コミケにサークル参加できたの、嬉しかったですね。

さて、仕事の話です!今月書いた記事は8本。久々にいっぱい記事が出ましたね……!今月はそんなに書いてないのですが、これまでに書いていた記事がどどっと放出されております。

ということでどんな記事を書いたのか、どんな思いで書いたのか、という、わたし以外誰得なかんじの1ヶ月振り返りです。

それではどうぞ。

 

 

ファミコン世代が癒される 昭和の消えていったレトロゲームたち(8/1)

 

 

お初となるメルカリマガジンです。

2005年に「B-DASH」で大ブレイクしたトンガリキッズのボーカル・ニポポさんにインタビューをしてきましたよ~!

オーダーが「硬めのしっかりした文章」だったので、ふだんのわたしとは違って、ガチでしっかり書きました。あ、いや、ふだんがしっかりしてないってことじゃないよ!!!

へー、こいつこんな風にも書けるんやなぁ、みたいなところも楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

 

・都電のルートがそのままバスに!? 江東区の地図から見る街の移り変わり(8/5)

 

 

毎月恒例、空想地図作家の今和泉さんと一緒にやっている連載です。

今回は江東区の後編。「都電のルートがそのままバスに!?」ってタイトルになっているんですが、時代は変わっても人の求める交通ルートが変わってないのはおもしろいポイントですよね。

今回は最後のオチもかなりおもしろいので、ぜひぜひ最後までしっかり読んでほしい記事ですよ。

 

 

フリーランスがブログを始めるメリットって?(8/10)

 

 

珍しく取材をしていない記事です。数えてみたら、取材なしの記事って今年これで3本目なんですね。ふだんどれだけ取材ばっかりしてるんだよ……!

自分が告知ばっかりしてるのを棚に上げてどの口が言うのかって感じですが、ブログを書くメリットをまとめました。

個人的には「友達ができる」ってメリットがかなりいいな~と思ってるので、そこに説得力を持たせたいなと思ってあれこれ書いた感じです。ブログ、意外といいですよ。

 

 

・【保存版】野菜のプロに定番野菜の選び方や保存方法について聞いてきた(8/16)

 

 

野菜って、面倒ですよね。どういうのを買っていいのかわかんないし、そもそもひとり暮らしだとなかなか使い切らないし……。結局半分使ってダメにしちゃう、なんて人もいるんじゃないかな。

そこで、八百屋に勤めて10年以上という青髪のテツさんに、野菜の見分け方や保存方法を聞いてきました。

これさえあればもう大丈夫!ふだんよく使う野菜についてはだいたい網羅してあるので、スーパーで、自宅で、ぜひぜひ読んでみてください~!

 

 

・家事代行の副業って実際どうなの? 経験者に聞いてみた(8/25)

 

 

家事代行の副業について、経験者のナースあさみさんにうかがってきました!

意外と?高収入でおすすめという家事代行。まさかナースの日勤とおなじくらいの時給がもらえるなんて思わなかったです。けっこう狙い目なのかも。

その他、ここでしか聞けないおもしろい裏話も満載なので、副業を考えてる人はもちろん、そうでない人もぜひぜひ読んでみてくださいな~!

 

 

・金魚鉢のアイスティー!?ドリンクがとにかくデカい珈琲屋OBに、ヒミツを全部聞いてきた(8/26)

 

 

西のコメダ、東のOB。食べもののコメダ、飲みもののOB。勝手にそんなことを思っているんですが、まぁどういうことかというと、みんな大好きコメダに比べてOBってぜんぜん知られてなくない???ってことです。

アイスティーを頼むと金魚鉢で出てくるとか、店によってぜんぜん器が違うとか、デカいしおしゃれだけどおしゃれすぎない、なぜか異様に居心地のいいおれたちの珈琲屋OBのことをもっと知ってほしい!という気持ちでインタビューを決行しました。

インターネットになぜかほとんど情報のないOBの貴重なインタビュー記事、ぜひみんな読んでほしいんだぜ!!!

 

 

・昭和懐かしの「アルミ弁当箱」が、令和ではお宝になっていた!(8/29)

 

 

こちらも初めましてのメディア、集英社オンラインです。ジャンプっ子だったわたしからすると、あの集英社さんとお仕事ができるなんて……!とかなりテンションの上がるお仕事でしたね。うれしい~!

今回はアルミ弁当箱マニアのマツド・デラックスさんにお話をうかがってきました。

こちら、Yahoo!に転載され、しかもヤフトピに載るという快挙......!たくさんの方々に読んでいただけて嬉しいですねぇ。知られざるアルミ弁当箱のディープな世界、ぜひぜひ読んでみてください!おもしろいよ!

 

 

・転売とは何が違う? せどりのプロが教える月商1200万円の稼ぎかた(8/30)

 

 

せどり」という仕事のサジェストがとんでもないことになっています。

「やめたほうがいい」「違法」「転売ヤーと同じ/違う」「クズ」......いや、どれだけ不穏なんだよ!でも、そんなに否定されやすい仕事ってのもなかなかありません。いったいどんな仕事なんでしょう。

それを知るには実際にやってる人に聞いてみるのがいちばん!ということで、プロのせどらー・Taxiさんに色々とお話をうかがってきました。せどり転売ヤーの違いもしっかり聞いてきましたよ。

 

 

今月の記事は以上です。

 

 

さて、そんなこんなで今月のまとめでした。
これまで書いては公開されてなかった記事がけっこういっぺんに出た月でもありました。なんで?ちなみに、一番古い記事は珈琲屋OBの記事で、昨年12月に取材して年始に書き上げていました。ようやく陽の目を見たのでうれしいですね。

ということで、来月もみなさまどうぞよろしくお願いします。

 

 

ブログ以外にこちらのサイトもゆるーっと書いていく予定なので、どうぞ、合わせてよろしくお願いいたしますねー!

記事のご依頼はTwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)まで、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【Workship MAGAZINEで記事を書きました】転売とは何が違う? せどりのプロが教える月商1200万円の稼ぎかた

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

せどり」という仕事があります。でも、検索するとサジェストがえらいことに。

「やめたほうがいい」「違法」「転売ヤーと同じ/違う」「クズ」......不穏さしかないですよね。いったいどんな仕事なのか、知るには実際にやってる人に聞いてみるのがいちばん。

そんなわけで、今回はプロせどらーのTaxiさんにお話をうかがってきました!

ぶっちゃけ、転売ヤーは我々オタクがもっとも忌み嫌う人種のひとつ。もしかしたら今回の取材は戦争になるかも……!と覚悟を決めて行ってきたんですが、意外と無事に終わりました。

せどらーと転売ヤーの違いはいったい何なのか。気になったらぜひ、記事を読んでみてくださいね!

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【集英社オンラインで記事を書きました】昭和懐かしの「アルミ弁当箱」が、令和ではお宝になっていた!

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

アルミ弁当箱マニアのマツド・デラックスさんにお話をうかがってきました。

アルミ弁当箱、わたしも幼稚園のころに使ってたんですよね。スヌーピーチャーリー・ブラウンが2人(?)一緒にいる絵柄のやつでした。そういう意味で、すごく懐かしかったし、今回の企画をいただいたときにその記憶が一気によみがえってきたんですよね。

でもこれ、今年で37歳になるわたしが幼稚園のころのお話なので、わたしと同世代かもうちょっと上なら「なつかしい~!」ってなってくれると思うんですが、「アルミ弁当箱......?」と思ってるかたも多いんじゃないかなって感じがするんですよ。みんな、知ってます?アルミ弁当箱。

でもね、大丈夫。今回の記事はぜんぜん知らなくてもおもしろいやつですから。

マツド・デラックスさんは自宅に400個のアルミ弁当箱があるというマニア。アルミ弁当箱の楽しみかたを、初心者(?)にもわかるように、しっかり聞いてきました。

これがけっこうおもしろいので、ぜひぜひ読んでみてください~!

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【メシ通で記事を書きました】金魚鉢のアイスティー!?ドリンクがとにかくデカい珈琲屋OBに、ヒミツを全部聞いてきた

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

昨年の12月頭に取材した記事です。出るまでに予想外にものすごい時間がかかってしまったので、季節感がなさすぎる写真になってしまいました。

珈琲屋OBは友達の抹茶ちゃんに勧められて知ったお店で、当時は神奈川県に住んでいたので、何度か新百合ヶ丘店に行ったことがありました。

その時からおもしろいな~と思ってたんですが、意外なことに検索してもOBの記事ってぜんぜん出てこないんですよね……喫茶店巡りみたいな文脈ではあるんですが、単体の記事がまったくないという。

それだったらわたしが書くしかねぇ~!ってことで、OBの歴史やどうしてこんなにドリンクがデカくなったのかとか、あれこれ根掘り葉掘り聞いてきました。

少年Bがなんで喫茶店の記事を?と思うかたもいるかもしれませんが、じつはぶどう本の前は喫茶店巡りの同人誌も出してたんですよね。

コロナになってからはなかなか行けてないのですが、少年Bは喫茶店好きでもある、ってことも知っていただけたらうれしいです。仕事が忙しいんですが、冬になって落ち着いたら、フォロワーと一緒に喫茶店巡りとかもしたいなぁ。

要するに、個人的に好き&おすすめの喫茶店の取材ができて楽しかったよ!ってお話でした。

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【Workship MAGAZINEで記事を書きました】家事代行の副業って実際どうなの? 経験者に聞いてみた

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

そういえば「家事代行」って仕事、一時期よく聞いたんですよ。もしかしたらわたしの周りだけかもしれませんが……いったいどんな仕事なんだろう?って思ってたんですよね。

気になっているなら実際に聞いてみるのがいちばん!というわけで、実際に家事代行として働いていたナースあさみさんにあれこれ聞いてみました!

あさみさんは元々noteで出会ったかたで、過去には一緒にオオゼキに行ったり、第2回note酒場ではあさみさんのつくったご飯をわたしめちゃめちゃ食べたりしてたっけなぁ……という感じなのですが、今回はがっつりインタビューをさせていただきました!

とはいえ、気心も知れてる仲なので、けっこう気楽にわいわいと楽しくお話ができて、個人的にも楽しかったです。ちなみにこの日のお昼は一緒に焼肉を食べに行きました。まぁ、たまにはそんな取材があったっていいですよね。

さて、そんなわけであれこれ聞いてきたんですが、けっこうびっくりしたのは「家事代行はナースの日勤の時給とおなじくらい」という事実。思った以上に割のいい仕事なんだなぁ。

でも、もちろんいいことばっかりじゃありません。実際にガッツリしっかり働いていたあさみさんだからこそ話せる、「家事代行のすべて」。いいところもわるいところもぜーんぶまるっと聞いてきたので、ぜひ読んでみてくださいね。実際にやってみたいなって人はもちろん、そうでない人も興味深く読める記事に仕上げた......つもりです!

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。