Low cost, Low price & High return

音楽に対してはまじめに、それ以外はゆるゆるとへんなことを。月に何度か、不定期に書き綴ります。

名刺代わりに読んでほしい記事たち

 

はじめまして、こんにちは。少年Bと申します。フリーのライター・編集者をやっています。

こちらのページをご覧いただき、ありがとうございます。
記事実績、できること、価格、納期等……
少年Bのお仕事についてまとめました。名刺代わりに読んでいただけたら幸いです。

現在はCRAZY STUDYサンポーダメです.ねとらぼジモコロマイナビニュースしながわ観光協会SPOTコエテコbe-topiaメシ通Workship MAGAZINEを知る通信マイナビ農業といった媒体で記事を書いています。過去にはRettyグルメニュースでも書いていました。継続・単発案件ともに大歓迎です。 

それではどうぞ、ご覧ください!

 

 

【プロフィール】

少年B (しょうねんびぃ)
1985年生まれ。大阪府出身・神奈川県在住。男性。前職は介護士→建築業。
2018年に32歳でフリーライターに。介護福祉士と2級建築士の資格を所持。
「高カロリーなものを食す罪悪感をあらゆる屁理屈で肯定する宗教」セーフ教の教祖(Twitter上でのお遊びです)。

なぜか友人知人から山のようにポップコーンを送り付けられたり、クソコラの素材にされたり、勝手にLINEスタンプを作られるなど、愉快な日常を過ごしています。

【略歴】

小学生のころ、父の死・いじめ等が重なりうつに。
精神科に通院、メンタルケアを受ける。同時にアスペルガー症候群であるとの診断を受けるが、告知されず。
中・高時代は周囲となじめず、生きづらさを感じる。同時にインターネットに親しみ、ネットの中に居場所を見つける。「少年B」は中2のころ、初めて訪れたポケモン攻略サイト掲示板に打ち込んだハンドルネーム。
高校時代にアスペルガーであるとの告知を受ける。「普通」に憧れ、試行錯誤の日々が続く。介護の専門学校を経て就職。

介護士時代にダブルワークとして某アミューズメント施設でキャストのアルバイトを経験。施設内では紙芝居屋としても活動。ひとを笑わせることのたのしさを知る。

介護士を8年続けたのち、建築業に転身。仕事の傍ら、2017年末に「たのしい」を集めたブログを開始。デイリーポータルZの投稿コーナー「自由ポータルZ」にて多数掲載されたことをきっかけに、2018年8月よりライター業を開始。2020年10月よりWorkship MAGAZINE編集部(株式会社GIG)に加入。現在はライター・編集者として活動中。個人での案件も請け負っています。

【できること】

・ネタ出し/構成
企画ができます。これまでに記名記事を150本以上書いていますが、7割以上は自分で企画提案をしたものです。企画にお悩みのかたはご相談ください。

・アポ取り/インタビュー
取材先にアポ取り・原稿の確認依頼ができます。インタビュー記事や一人取材の経験も豊富です。編集部の負担軽減に役立ちます。

・写真撮影/写真選定
基本的にスマホなので、「上手い」写真は取れませんが、記事には問題のないクオリティだと思います。実際の記事をご覧ください。記事の流れを作る写真選定もお任せください。

・書き起こし
インタビュー記事の書き起こしも自分でやります。また書き起こし業務の依頼も、手が空いていればお受けできます。金額は応相談です。

・執筆/修正
個性の強いユニークな文章が得意ですが、観光協会ウェブサイトの文章も書いています。媒体のカラーに合わせて書きますので、ご相談ください。「個性強め」「まじめに」「顔出しあり」など、ご要望に応じてお受けできます。

・告知
TwitterFacebookの他、はてなブログやnoteでも、書いた記事は毎回全力で拡散するようにしています。事前に公開日がわかっていれば、公開日に合わせて準備をしておきます。飛びぬけた拡散力があるわけではないですが、「ただ書いて終わり」にはしないのが少年Bクオリティです。

 

 

【記事実績① おもしろイベント記事】

自分でイベントを企画・開催し、その模様を記事にしたものです。
企画の立案、イベントの運営、執筆までやります。

代表作です。2018年にCRAZY STUDYで最も読まれた記事。
企画・運営・執筆を担当。バズった結果、日経MJから取材を受けました。

 

 

【記事実績② おもしろ検証記事】

①より小規模な企画記事です。「○○は本当なのか?」といった検証がメインです。記事の企画・執筆をしています。屁理屈をこねるのが得意です。

企画・運営・執筆を担当。想像以上のあたまのわるそうさが受け、一部で強烈に話題になったり、ならなかったりしました。

ステイホーム期間に「外出せずに楽しい記事を書いてほしい」とのオーダーを受け、企画しました。

 

 

【記事実績③ インタビュー記事】

イベントやお店に行ってインタビューをします。基本的に真面目な記事です。アポ取り・カメラマンの手配も可能です。

会社・店舗のインタビューもお任せください。企画提案も可能です。

 

 

【記事実績④ 散歩記事】

独自の視点で街を散歩して、たのしいレポート記事を書いています。おもしろ・おふざけ寄りが多いですが、ご要望があればまじめにも書きます。

ぶらぶら街を歩く記事です。歩いてほしい自治体もお待ちしています。フリーなので、どこでも行きます。

 

 

【記事実績⑤ 体験レポート・行ってみた系記事】

旅行記事や体験レポートの記事です。おもしろ/まじめどちらの切り口でも執筆ができます。
おもしろ体験レポートはこのような感じ。

まじめ系の体験レポートはこのようになります。

 

 

【記事実績⑥ エッセイ執筆】

エッセイも書きます。現在実績は取材ありのフードエッセイ1本ですが、取材なしのものも書きますので、ご相談ください。

 

 

【記事実績⑦ コラム執筆】

自分のダメさを綴ったコラムを書きます。

 

 

【記事実績⑧ ニュース記事執筆】

1000~2000字程度の短いニュースです。
バズツイートやニュースリリース等をうまくまとめ直し、読みたいと思える記事に再編集します。

 

 

【記事実績⑨ 記事広告】

PR記事も手掛けます。企画の相談もお任せください。

 

 

【記事実績⑩ 店舗紹介】

お店の魅力をシンプルにまとめて、読みやすく整理してご紹介します。
個性の強い文章が得意なほうではありますが、こういう文章も書けますので、ぜひご相談ください。

 

 

【編集・記事協力】

編集や写真、リード文作成などの表に出ないお手伝いや、みんなでわいわいする記事ににぎやかしで出てたりします。価格はご相談ください。

編集・写真・執筆補助等

記事出演・にぎやかし等

 

 

【その他実績】

同人誌に寄稿しております。

CRAZY STUDY「エ〇本」(1ページ)

サンポー「あたらしいさんぽのていあん Vol.2」(7ページ)

個人でも評論同人誌も作って、コミケ等に出ています。

高校時代に書いた黒歴史小説をまとめた本を出したり、ガッツリ食べれる喫茶店の本やぶどう21種食べくらべの本を出しています。

ライブイベントでDJをやりました。

バンドのMVにも出ています。(エキストラです)

執筆以外にも、なにかしらおもしろそうなことはできる範囲でやります。できなくてもがんばっちゃうかもしれません。ご相談ください。

書くのも得意ですが、しゃべるのも得意です。
紙芝居もできるので、もしなにか機会がありましたら呼んでください。

 

 

【得意なこと】

知らないひとにもわかりやすく、平易なことばでポジティブに書くことが得意です。ふざけたことからまじめなことまで、なんでも書きます。

趣味が幅広いので、引き出しが多いです。
また、好奇心が旺盛です。知らないものごとに、興味を持って取材をすることができます。

顔出しができ、締め切りが守れます。話すのも得意なほうだと思います。

車を所持しており、運転ができます。遠方の取材も可能です。

記事を書いたあとの拡散も、できる限りがんばります……!

 

 

【苦手なこと】

棘のある表現はにがてです。下ネタ、炎上狙いの案件は申し訳ないのですが、できません。

ガジェット・ウェブ関連のツールには疎いです。もし教えてやっていただけたらありがたいです……!

 

 

【執筆条件】

下限は設定していませんが、最近は①~⑥の企画・インタビュー記事・取材ありのエッセイだと「4000字前後で2.5万円~4万円(経費別)」、⑦、⑧のコラム・ニュースまとめ記事だと「1000字~2000字で7500円~1.3万円」、⑨の記事広告だと「4000~5000字で4万円~6万円(経費別)」⑩の店舗紹介だと「1万円~1.5万円(経費別)」程度のご依頼が多いです。

ただ、あまり条件にこだわるつもりもありません。
どうしても書きたいと思った場合、それ以下の条件でも引き受けさせていただくこともございます。どうぞご相談ください。

納期に関しては、抱えている案件や執筆する記事のボリュームにもよりますが、主に取材1日/7日営業日後に初稿提出くらいのスケジュール感です。特急案件は別料金にて承ります。こちらもぜひ、ご相談ください。

 

 

【仕事のご依頼について】

もし少年Bに興味をお持ち頂けましたら、TwitterのDM、もしくはraira21hot@gmail.comまでご連絡ください。当日~3営業日以内にお返事させていただきます。

 

 

【記事いちらんはこちら】

ここで紹介しなかった記事を含め、お仕事で書いたものはこちらにまとめてあります。
「どれどれ、もうちょっと見てやるか」というかたは、もしよかったらぜひ。

 

 

最終更新日:2021年1月3日

【Workship MAGAZINEで記事を書きました】「趣味だから、やりたい仕事を選んで受ける」温泉オタクの仕事スタンス

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

 

 

2日連続の記事リリースですが、今回は連載のほう。「超ニッチだけどオンリーワン」な方々のお仕事についてうかがい、「専門性とは何か?」を探る連載。第5回は温泉オタクの永井千晴さんです。

温泉好きが高じてSNSで情報発信をしていたら、副業として記事の寄稿や旅行プランの監修、BIGLOBEの「温泉大賞」選考委員など温泉にまつわるお仕事を受けるようになったという永井さん。2020年11月には「女ひとり温泉をサイコーにする53の方法」(幻冬舎)を出版するなど、活躍の場はますます広がっています。

 


ここまで読んだみなさん、「『温泉』はきわめてメジャーな趣味だろう?どうしてニッチ連載で取り上げるんだ?」って思ってますよね。

でも、Workship MAGAZINE編集部が注目したのは、「永井さんのやっていることは『温泉の図解』ではないか?」ということ。

わたしも温泉マニアなので、日本全国津々浦々の温泉に入ってきたし、いろんなサイトを見てきました。でも、結局みんな気になるのって「入った数」や「泉質」、「浴感※のレポート」なんですよね。

※お湯に浸かった時の肌触りや感覚のこと

「通・マニアのもの」だった温泉をここまでわかりやすく、ライト層に訴求させることができる永井さん、これって超ニッチだしオンリーワンだなぁと思い、取材のオファーさせていただきました。

記事中に出てくる温泉チャートなんかはものすごくバズったし、みんな一度は見たことあるのでは?

 


今回は温泉オタクの誕生秘話から、「なぜ本業にしないのか」といった仕事のスタンスまで、いろいろ根掘り葉掘り聞いちゃいました。本業はCHOCOLATE Inc.でプロデュース業をしている永井さんのコンテンツに対しての考えかたも。盛りだくさんの記事です。

あとこれは余談なんですが、この連載のインタビュイーの名前の色。じつは密かなこだわりが。第1回の松澤さんの記事合同会社別視点のサイトイメージカラーでもある赤。第2回のYamajetさんの記事Twitterアイコンのイメージから黄色。第3回の黒田さんハレガケ公式サイトの色からオレンジ。第4回の地理人さんは、地図には欠かせない緑。

じゃあ、今回の永井さんは……?そう、もちろん温泉マークの赤色。同じ赤色でも、松澤さんの時とは違って、ちょっと落ち着いた暗めの赤になっているのはそういうことです。そういうところも気にして読んでもらえたらうれしいな。

というわけで、力を入れてお届けしている連載記事です。今回も最高におもしろいと思うので、ぜひ読んでみてくださいね!

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【Workship MAGAZINEで記事を書きました】無料の作業通話アプリ『mocri』を1年間使ってみた。ぶっちゃけ作業ははかどるの?

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

 

 

友達の誘いで実はもう1年使っているmocri。これ、けっこういいアプリだぞってことで、紹介する記事を書きました。

自分で部屋を立てることはほとんどないのですが、ちょこっと誰かと話したいときや散歩中、料理中なんかに友達が部屋を立ててたら、こそっとお邪魔することにしています。作業しない通話。作業をしろ。

初心者や触ったばかりのかたに向けて書いたつもりですが、個人的におもしろいと思うのは「友達の輪が広がっていく楽しさ」。友達になった人のところにいた人と軽くお話をして、話が合いそうなら友達申請をして……という感じで、どんどん広がっていくんですよね。

もちろん、mocriで知り合って仲良くなった友達もいて。文字を書く人は少なめな印象なんですが、漫画家さんやイラストレーターさん、それに学生さんが多いかな。元々の自分の周りにはあまりいない属性の人がけっこう多くて、新鮮な気持ちです。

話しながらの画像共有が楽なのもあって、個人的には単純な「通話」としてならLINEやディスコードよりも使いやすいと思っています。動画や映像は送れないので、オンライン取材には使えないけど。

ライターは話しながら書くのは難しいと思うんですが、話しながら作業ができるお仕事の人は使ってみてはどうでしょう。世界が広がってたのしいですよ。

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【ねとらぼ交通課で記事を書きました】はたらくクルマと大人の皆さん「カックイ~!」 乗りもの大好きキッズの日常に「こちらこそありがとう」「がんばるよ」の声あふれる

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。タイトルが長い。

 

 

「心あたたまる」「ほっこりした」という声が続々届いている、はみだしみゆきさんのマンガを記事にさせていただきました。寒い日が続きますが、これを読んで心をあたためてはいかがでしょうか。

わたしも子どものころ、電車やクルマの運転手さんに手を振る子どもだったんですが、返してもらえると嬉しかったですねぇ。そして、コメントには手を振られる大人側の声も……!

いやなトラブルやかなしいニュースがあふれるなか、こういう温かい記事を書かせてもらえるのは幸せなことだなぁと思います。読んでね!

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【Workship MAGAZINEで記事を書きました】7歳から始めた空想地図作りが、10種以上の仕事につながったワケ

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

 

 

「超ニッチだけどオンリーワン」な方々のお仕事についてうかがい、「専門性とは何か?」を探る連載。第4回は空想地図作家の地理人さんです。

10種以上の仕事を手掛ける超マルチワーカー!?地理人さんが多様なお仕事を始めるきっかけになったのは7歳から作り始めた「空想地図」でした。そして、現在は「自分の衝動が価値になり始めている」と言います。いったいどういうことなのでしょうか。

詳しくは記事を読んでいただくとして、地理人さんとの出会いは2018年に行われた第1回のマニアフェスタ。お客さんとして参加していたわたしは、ブースをふらふら見ながら、「架空の地図かぁ、おもしろいのがあるなぁ……」と思って代表作・中村市の地図を購入したのでした。

この第1回マニアフェスタに参加したことがきっかけでサンポーに誘っていただき、ウェブライターとしての第一歩を踏み出すことになるのですが、それはまた別の話。

 

時は流れ、2020年に友達のタナゴさんのイベント「サイバーおかんアート万博」の打ち上げでふたたび地理人さんご一緒することとなりました。ふたたびとか書いてますが、そこまでは単にわたしが一方的に認知してるだけだったと思います。

同い年だったことから会話が盛り上がり、仕事を含め、いろいろお話をうかがっている中で、「この人の話、もっと深く聞いてみたい~!!!」と思い、その日のうちにインタビューの打診をしたのでした。スピード感よ。

そんなわけで、いろいろな偶然とか奇跡が重なって実現したインタビュー。

地理人さんがツイートしてくれた通り、実はわたしの人生で2本目の「先方確認の際に修正が一切入らなかったインタビュー記事」です。

インタビュー記事、もちろんすべての発言が対象者のものなんですが、「対象者の言葉」というすばらしい宝石の原石を切り出してカットして、飾り方を考えたり、スポットライトの位置を調整するのがライターや編集者の仕事だと思っています。

原石をそのまま飾るのは当然NGだし、カットをした後で先方に「いや、この宝石はこっちのカットのほうが合うはずですが」って言われちゃうのはかなり厳しい。逆に、「配置をこうしてください」とか「ライトちょっと右寄りで」みたいな修正はよく起こるし、当たり前だよね、という認識で仕事をしています。もちろん目指すは「完璧です!」なんですが。

今回はその「完璧です!」と言っていただけた原稿なわけです。ありがたや……!

もちろん、先方確認の前に編集さんと二人三脚で形にしていくわけで。今回も編集部のイズミくん、編集長のじきるうさんとあれこれ時間をかけて揉んだおかげで、自分で言うのもなんですが、すごくいい記事になったと思います。ぜひとも読んでみてくださいね!

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【マイナビニュースで記事を書きました】自己投資に自転車がおすすめの理由5選!スポーツバイクで変わる生活とは?

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

 

 

3年連続3本目となるマイナビニュースさんの記事です。今回はスポーツバイクおよび関連商品の販売を手掛ける「シマノセールス」さんのPR記事を書かせていただきました。

「自転車でライフスタイルが充実した」というマイナビニュース ライフジャンル編集長の原さんにスポーツバイクの魅力をたっぷり聞いてきましたよ~!

個人的に気になったポイントは「ふだん運動してない人でも乗れる」そして「オタクほど向いてる」という2点。わたしもいまダイエット中だし、オタク気質なので、めっちゃ気になりますね……!

そんなわけで、読めばスポーツバイクに乗りたくなることまちがいなし?の記事です。よかったらぜひ目を通してみてくださいね。

そんなわけで告知でした。オチはありません。それではわたしは寝ます。みなさまおやすみなさいませ。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【Workship MAGAZINEで記事を書きました】「謎解きイベントじゃなくてもよかった」謎解き社長に教えてもらった、その仕事をやる理由

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

書きました。

 

 

「超ニッチだけどオンリーワン」な方々のお仕事についてうかがい、「専門性とは何か?」を探る連載。第3回は株式会社ハレガケの社長・黒田洋介さんです。

ハレガケが手掛けるのはワンピースやNARTO、クレヨンしんちゃんけものフレンズ東急電鉄大江戸温泉物語……数々のアニメとコラボをしたり、様々な施設で展開するリアル謎解きゲームのNAZO×NAZO劇団。

どうしてリアル謎解きゲームを始めたの?昔からなぞなぞが得意だったの?そんな思いで取材に行ったところ、返ってきた答えはなんと「謎解きイベントじゃなくてもよかった」。

でも、話をうかがっているうちに、黒田さんの目指すものや、大事にしているものは何も変わらないんだな、ということがわかってきました。「謎解きじゃなくてもよかったけど、謎解き以上に僕のやりたいことを実現できる手段ってないのかな」と語る黒田さん。

謎を作る仕事から組織を作る仕事に。立場や仕事は変わっても、黒田さんの想いは変わりません。第1回、第2回とはまったくちがう立場から語る「専門性」。読みごたえ抜群の記事じゃないかなと思います。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。