Low cost, Low price & High return

音楽に対してはまじめに、それ以外はゆるゆるとへんなことを。月に何度か、不定期に書き綴ります。

名刺代わりに読んでほしい記事たち

 

はじめまして、こんにちは。少年Bと申します。
駆け出しのフリーライターをやっています。

こちらのページをご覧いただき、ありがとうございます。
記事実績、できること、価格、納期等……
ライター・少年Bのお仕事についてまとめました。
少年Bってどんなやつなのか?どんな記事が書けるのか?よかったら見て行ってください。

現在はCRAZY STUDY、サンポー、ダメです.、ねとらぼ交通課、ジモコロ、しながわ観光協会、SPOT、コエテコ、be-topia、メシ通といった媒体で記事を書いています。過去にはRettyグルメニュースでも書いていました。
単発案件ではマイナビニュースのホテルPR案件も手がけました。継続・単発案件ともに大歓迎です。 

それではどうぞ、ご覧ください!

 

 

【できること】

・ネタ出し/構成
企画ができます。これまでに記名記事を50本以上書いていますが、企画をいただいたのは10本程度。8割以上は自分で企画提案をしたものです。企画にお悩みのかたはご相談ください。

・アポ取り/インタビュー
取材先にアポ取り・原稿の確認依頼ができます。インタビュー記事や一人取材の経験も豊富です。編集部の負担軽減に役立ちます。

・写真撮影/写真選定
基本的にスマホなので、「上手い」写真は取れませんが、記事には問題のないクオリティだと思います。実際の記事をご覧ください。記事の流れを作る写真選定もお任せください。

・書き起こし
インタビュー記事の書き起こしも自分でやります。また書き起こし業務の依頼も、手が空いていればお受けできます。金額は応相談です。

・執筆/修正
個性の強いユニークな文章が得意ですが、観光協会ウェブサイトの文章も書いています。媒体のカラーに合わせて書きますので、ご相談ください。「個性強め」「まじめに」「顔出しあり」など、ご要望に応じてお受けできます。

・告知
TwitterFacebookの他、はてなブログやnoteでも、書いた記事は毎回全力で拡散するようにしています。事前に公開日がわかっていれば、公開日に合わせて準備をしておきます。そこまでフォロワー数があるわけではありませんが、「ただ書いて終わり」にはしません。

 

 

【記事実績① おもしろイベント記事】

自分でイベントを企画・開催し、その模様を記事にしたものです。
企画の立案、イベントの運営、執筆までやります。

代表作です。2018年にCRAZY STUDYで最も読まれた記事。
企画・運営・執筆を担当。バズった結果、日経MJから取材を受けました。

 

 

【記事実績② おもしろ検証記事】

①より小規模な企画記事です。「○○は本当なのか?」といった検証がメインです。記事の企画・執筆をしています。屁理屈をこねるのが得意です。

企画・運営・執筆を担当。想像以上のあたまのわるそうさが受け、一部で強烈に話題になったり、ならなかったりしました。

 

 

【記事実績③ インタビュー記事】

イベントやお店に行ってインタビューをします。基本的に真面目な記事です。アポ取り・カメラマンの手配も可能です。

会社・店舗のインタビューもお任せください。企画提案も可能です。

 

 

【記事実績④ 散歩記事】

独自の視点で街を散歩して、たのしいレポート記事を書いています。おもしろ・おふざけ寄りが多いですが、ご要望があればまじめにも書きます。

ぶらぶら街を歩く記事です。歩いてほしい自治体もお待ちしています。フリーなので、どこでも行きます。

 

 

【記事実績⑤ 体験レポート・行ってみた系記事】

旅行記事や体験レポートの記事です。おもしろ/まじめどちらの切り口でも執筆ができます。
おもしろ体験レポートはこのような感じ。

まじめ系の体験レポートはこのようになります。

 

 

【記事実績⑥ エッセイ執筆】

エッセイも書きます。現在実績は取材ありのフードエッセイ1本ですが、取材なしのものも書きますので、ご相談ください。

 

 

【記事実績⑦ コラム執筆】

自分のダメさを綴ったコラムを書きます。

 

 

【記事実績⑧ ニュース記事執筆】

1000~2000字程度の短いニュースです。
バズツイートやニュースリリース等をうまくまとめ直し、読みたいと思える記事に再編集します。

 

 

【記事実績⑨ 記事広告】

PR記事も手掛けます。企画の相談もお任せください。

 

 

【記事実績⑩ 店舗紹介】

お店の魅力をシンプルにまとめて、読みやすく整理してご紹介します。
個性の強い文章が得意なほうではありますが、こういう文章も書けますので、ぜひご相談ください。

 

 

【編集・記事協力】

編集や写真、リード文作成などの表に出ないお手伝いや、みんなでわいわいする記事ににぎやかしで出てたりします。価格はご相談ください。

編集・写真・執筆補助等

記事出演・にぎやかし等

 

 

【その他実績】

同人誌に寄稿しております。

CRAZY STUDY「エ〇本」(1ページ)

サンポー「あたらしいさんぽのていあん Vol.2」(7ページ)

個人でも評論同人誌も作って、コミケ等に出ています。

高校時代に書いた黒歴史小説をまとめた本を出したり、ガッツリ食べれる喫茶店の本やぶどう21種食べくらべの本を出しています。

ライブイベントでDJをやりました。

バンドのMVにも出ています。(エキストラです)

執筆以外にも、なにかしらおもしろそうなことはできる範囲でやります。できなくてもがんばっちゃうかもしれません。ご相談ください。

書くのも得意ですが、しゃべるのも得意です。
紙芝居もできるので、もしなにか機会がありましたら呼んでください。

 

 

【得意なこと】

知らないひとにもわかりやすく、平易なことばでポジティブに書くことが得意です。ふざけたことからまじめなことまで、なんでも書きます。

趣味が幅広いので、引き出しが多いです。
また、好奇心が旺盛です。知らないものごとに、興味を持って取材をすることができます。

顔出しができ、締め切りが守れます。話すのも得意なほうだと思います。

車を所持しており、運転ができます。遠方の取材も可能です。

記事を書いたあとの拡散も、できる限りがんばります……!

 

 

【苦手なこと】

棘のある表現はにがてです。下ネタ、炎上狙いの案件は申し訳ないのですが、できません。

ガジェット・ウェブ関連のツールには疎いです。もし教えてやっていただけたらありがたいです……!

 

 

【執筆条件】

申し訳ありませんが、ノーギャラでの依頼は承っておりません。
下限は設定していませんが、最近は①~⑥の企画・インタビュー記事・取材ありのエッセイだと「4000字前後で1.5万円~4万円(経費別)」、⑦、⑧のコラム・ニュースまとめ記事だと「1000字~2000字で2500円~1.3万円」、⑨の記事広告だと「4000~5000字で4万円(経費別)」⑩の店舗紹介だと「1万円~1.5万円(経費別)」程度のご依頼が多いです。

ただ、あまり条件にこだわるつもりもありません。
どうしても書きたいと思った場合、それ以下の条件でも引き受けさせていただくこともございます。どうぞご相談ください。

納期に関しては、抱えている案件や執筆する記事のボリュームにもよりますが、主に取材1日/執筆7日くらいのものが多いです。特急案件は別料金にて承ります。こちらもぜひ、ご相談ください。

 

 

【仕事のご依頼について】

もし少年Bに興味をお持ち頂けましたら、TwitterのDM、もしくはraira21hot@gmail.comまでご連絡ください。当日~3営業日以内にお返事させていただきます。

 

 

【記事いちらんはこちら】

ここで紹介しなかった記事を含め、お仕事で書いたものはこちらにまとめてあります。
「どれどれ、もうちょっと見てやるか」というかたは、もしよかったらぜひ。

 

 

最終更新日:2020年1月14日

【告知】Sugimotoman presents バースデーワンマン321 Birthday Live vol.12 ~スギモトマンの働く城 に出演します。


DJをやります。

 


「冗談は顔だけにしてくれ」とお思いのかたもたくさんいらっしゃるでしょうが、マジです。

昨年6月のギターポップレストラン vol.43以来、人生2回目となるDJ。主催の杉本清隆さんからお声がけいただいたときは、ぶっちゃけわたしもドッキリかと思いました。

お声かけいただいた舞台は、スギモトマンこと杉本清隆さんのバースデーワンマンライブ。

杉本清隆さんと言えば、BEMANIシリーズ等で多数の楽曲を手掛け、極端なBPM変化をする仕掛け(通称:ソフラン)の考案者としても知られるアーティスト。音ゲーマーでその名を知らないひとはいないのではないでしょうか。

もちろん、ギターポップレストランの出演者としてもお馴染みですし、北川勝利 (ROUND TABLE)のサポート(パーカッション)、Three Berry Icecreamのサポート(キーボード・ドラム・パーカッション)等でも活躍をされています。わかりやすく一言で言うと、めちゃくちゃすごいひとです。

f:id:raira21:20200126010426p:plain



すみません、公式のプロフィールも貼っておきます。たぶんこちらのほうがわかりやすいので。

あ、ご存じでないかたのために1曲貼っておくので、もしよかったらぜひとも聴いていただけたらうれしいですよ。

杉本さんは毎年3月21日、自身の誕生日にライブをされておりまして、今年でなんと12年目。干支が1周するくらい続けてるのすごい。その晴れ舞台にお声かけいただきました。めちゃめちゃありがたいと同時に、今からめちゃめちゃに緊張しています。そんな大事な場に出るの、ほんとにわたしでいいの!?

もちろん恐れ多いのですが、お声がけいただいたからにはできる範囲で一生懸命がんばろうと思います。ライブが好きなだけの素人もいいところですが、音楽に対する愛は人一倍です。そう言えば人一倍って表現、一倍だったらほかのひとと変わらなくないですかね。いま呈す疑問ではないんですけど。

ライブの概要は以下の通りです。

 


Sugimotoman presents バースデーワンマン
321 Birthday Live vol.12 ~スギモトマンの働く城

日時 2020年3月21日 ()
open 11:30 start 12:30 (終演予定14:30)
前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 + 1DRINK
(小学生以下は半額+1DRINK)
*席数限定

会場 渋谷 LOFT HEAVEN

f:id:raira21:20200126110438j:plain



出演 : 杉本清隆(Vocal,Piano,and more)
永田範正 (bass,chorus) / 山田幸治 (drums) / 田中景子 (Viola,chorus)
シークレットゲストあり
DJ : 少年B

毎年恒例!プレゼント抽選会あり

 

 

土曜日のお昼だし、プレゼント抽選会もあるし、渋谷だから行きやすいし……あれ、これはもう来たほうがいいやつなんじゃないですかね。

椅子席だから、ライブが初めてでこわい……なんてかたも安心ですよ。渋谷 LOFT HEAVENでぼくと握手!じゃなかった。ぜひぜひ遊びに来てくれるとうれしいです。すてきなライブはもちろん、珍しく緊張してる少年Bも見れますよ。

チケットの予約日は1/27 昼12:00から。つまり明日ですね。忘れないうちにゲットしておきましょう。お隣の奥さまにも教えてあげなくっちゃ!

チケットのご購入はLivePoketにて!

 

3月21日はぜひ、渋谷 LOFT HEAVENに遊びにきてください。たのしいライブが待ってますよ~!

f:id:raira21:20200126042330j:plain

形から入るタイプです。

 

詳細はこちらからもどうぞ。

【ねとらぼ交通課で記事を書きました】「幅は1.7メートルだ。貴様は通れるか?」 最狭の険道「神奈川県道515号」、やっぱり絶対に通れなかった

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

ねとらぼ交通課で記事を書かせていただいております。ねとらぼのなかの、乗りものや交通系の話題を集めた部署です。

こちらで本日、あたらしい記事が公開になりました。 

 

 

最狭険道(さいきょうけんどう)と一部で名高い、神奈川県道515号を歩いてきました。

なにがすごいって、県道って通常、ある重要な地点と別の重要な地点を結んでいるわけですよね。たとえば横浜と川崎、とか。大きな町同士や、別の大きな幹線道路同士を結ぶから、市町村じゃなくて県がわざわざ管理をしてるわけなんですよ。

でもこの道路、その真ん中が完全に廃道になってるんですよ。結んでない。ぜんぜん結べてないよ!!

そんな県道515号、のっけから不穏です。なんせ通れるのは横幅1.7m以下のクルマのみ。一般的な成人男性が横になったらアウトな道幅。ウソだろ……!

そう言えば前回は幅2.0m規制の「ゲート」がある神奈川県道518号をご紹介しました。518号はわたしも何度か車で通ったことがある道路なのですが、515号はとても車で走る自信がなく……!ということで歩いてきました。

見どころのある写真はぜんぶ記事にぶちこんでしまったので、ボツ写真はないんですが、よかったら読んでやってくれたらうれしいです。「自分だったら運転できるかな?」ってところも気にして読んでみたらおもしろいかもしれません。

ちなみに、今回の取材はGPRをきっかけに仲良くなった、作曲家のYamajetさんとミュージシャンの杉本清隆さんもご一緒でした。ゲートのサイズ比較のために手を広げてくれたのはYamajetさんです。

f:id:raira21:20200125195039j:plain

険道」ではありますが、ウォーキングに最適ないい道でしたよ。たのしかったです!

 

CRAZY STUDY(通称:クレスタ)やサンポーダメです.ジモコロしながわ観光協会SPOTコエテコbe-topiaメシ通への寄稿も、こちらのブログも、今まで通りゆるゆるだらだらとやっていきたいとおもっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

【Workship MAGAZINEで記事を書きました】フリーランス、生活リズム狂いすぎ問題。

 

※今回はただのお知らせです。

 

 

 

あたらしく、Workship MAGAZINEというサイトでコラムを書かせていただくことになりました。

 

 

こちらはIT系のフリーランス向けプラットフォーム「Workship」の運営する「デジタル×フリーランスを知るマガジン」。ようするに、まじめなメディアです。 

そんなまじめなメディアなのですが、じつはクレスタ編集長のじきるうさんが本業で編集長をやってる……ということで声をかけていただきました。ようするにコネです。ありがたやありがたや。

さて、ふだん書かないまじめなメディア、ということで。

じゃあ読者であるフリーランスのかた向けに、いったいどういうものを書いたらいいのか……とけっこう真剣に考えたのですが、やっぱりわたしにはノウハウなんてものはないし、まじめな話も書けないよなぁと思い直し、ゆるゆるフリーランスのだめだめな悩みを書きました。

 

 

コラムのテーマは「無理にフリーじゃなくてもいいじゃん」。

フリーランス向けのサービスを提供しているメディアで「フリーじゃなくてもいいじゃん」ってテーマもどうなの?って感じがするんですが、OKしてもらえたのでありがたいですね。Workship MAGAZINE、懐が深い。

連載は月に1度、全3回の予定です。つまり、3月まで毎月この意識のひくいコラムが載るわけですね。ひぇぇぇぇ!

そんなわけで、この連載ではゆるゆるフリーランスの悩みをつらつらと書いていきたいと思います。フリーランスのかたはもちろん、「フリーランスになりたい!」と思っているかたにこそ、ぜひ読んでいただきたいなぁ。

もし人気だったらもうちょっと継続になるかもしれないし、ならないかもしれません。そのへん、みなさまのお力でどうかひとつ。

 

Workship MAGAZINEは、基本的にはフリーランスマーケティング・エンジニア関係ですごく役に立つ記事が多いので、そのあたりのジャンルが気になるかたは、ぜひぜひ読んでいただければと思いますよ。

そんなわけで次回もどうぞ、お楽しみに!

 

CRAZY STUDY(通称:クレスタ)やサンポーダメです.ねとらぼ交通課ジモコロSPOTコエテコbe-topiaメシ通への寄稿も、こちらのブログも、今まで通りゆるゆるだらだらとやっていきたいとおもっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

 

ライター・少年Bが書いた記事いちらん

 

 

どうもみなさまはじめまして。フリーライターの少年Bと申します。

この名前でネット上に現れてから、今年で21年目に突入しまして、すっかり少年でなくなりましたが、改名のタイミングを逃したまま今に至っております。

さて、ブログを始めた2017年の11月から、おもしろい記事からまじめな記事まで、色々と書いてきました。現在はライターとして書かせていただく機会も増え、ブログは記事の告知場と化していますが……!

こちらのページではいままで少年Bがお仕事で書いた記事をまとめて置いておきます。

それではどうぞ、ご覧ください!

 

 

寄稿記事

お仕事で書かせていただいているもの。
寄稿サイトさまによってジャンルはさまざまですが、ふざけたのからまじめなのまで色々書いています。お仕事募集中です。

CRAZY STUDY

「おもしろ研究メディア」ということで、基本的に研究っぽいあほな記事を書いています。

 

・2018年

・2019年

 

 

 

サンポー

こちらは「散歩マガジン」なので、街歩きの記事を書いています。

 

・2018年

・2019年

 

 

 

ダメです.

ダメなひとが、ダメなひとのためのコラムを書いています。

 

・2018年

・2019年

 

 

Rettyグルメニュース

グルメニュースなので、おいしいお店について書いていました。

※2019.8.15付でメディア更新終了のため、契約満了しました。

 

・2019年

 

 

 

ねとらぼ交通課

乗りもの・インフラについての記事を書いています。

 

・2019年

特集記事

 

中ネタ

コネタ

 ・2020年

特集記事

 

 

ジモコロ

ローカルネタ・会社インタビューの記事を書きます

 

・2019年

 

 

しながわ観光協会

東京都品川区の観光協会です。ウェブサイト上に特集記事やスポットページがあります。

 

・2019年

特集記事

 

スポットページ

 

 

SPOT

旅行記事と身体を張ったおもしろ記事の2本立てメディアです。

 

・2019年

 

 

 

コエテコ

プログラミング教室検索サイトです。サイト内の読みものコーナー「コエテコマガジン」でプログラミング教育の記事を素人目線で書いています。

 

・2019年

 

・2020年 

 

 

be-topia

「みつける、なりたいジブン」をテーマに「やりたいこと」「やってみたいこと」に挑戦する体験記事を書いています。

 

・2019年

・2020年

 

 

メシ通

おいしい食事を切り口にした記事を書いています。

 

・2019年

 

 

Workship MAGAZINE

デジタル×フリーランスを知るマガジンです。フリーライターとしてのコラムを書いています。

 

・2020年

 

 

単発案件

スポット(単発)でのお仕事も募集しております。
マイナビニュースでホテル「ヴィアイン日本橋人形町」のPR記事を担当しました。

 

・2019年

 

 

いろいろ協力した記事

編集だったり、写真だったり、出演だったり。なにかしらでお手伝いをした記事です。

 

・2018年

出演

・2019年

編集/撮影/その他

出演

・2020年
出演

地味にいろいろやってます。一緒になんかやりたいぞってかた、ご相談ください。

 

 

仕事のご依頼について

もし少年Bに興味をお持ち頂けましたら、TwitterのDM、もしくはraira21hot@gmail.comまでご連絡ください。当日~3営業日以内にお返事させていただきます。

ご連絡、お待ちしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

(2020/1/25)

【コエテコで記事を書きました】LINE発のプログラミング教材!LINE entryを素人が触ってみた

 

※今回もただのお知らせです。

 

 

 

コエテコで記事を書かせていただいております。さて、昨日あたらしく記事が公開になりました! 

 

 

あのLINE社が開発した、プログラミング教材の記事です!

マインクラフトポッキーに続き、ふだんプログラミングにまったく関わっていないライターがあれこれ触って体験するという記事の第3弾です。

3回目ともなれば、多少なりとも慣れてくるわけで、「あっ、これ○○でやったことある問題だ!」なんて、進研ゼミのマンガのようなことが起こるわけです。そんなこともあって、初めて元の教材をいじって、ちょっと大胆なアレンジをしてみました。

その大胆さがどう発揮されたのかは、記事を読んでのおたのしみです。怒られないといいな……!

プログラミング思考を徐々に理解しつつあるので、これはわたしがプログラミングの達人になる日も近いのでは?←理解できてない発言

さて、なにはともあれ、小学生の学習指導要領にもマッチした無料教材の「LINE entry」。よかったらご家庭でもぜひ触ってみては?
LINE社のサービスですが、PCかタブレット推奨なので、そこだけはご注意を!

 

CRAZY STUDY(通称:クレスタ)やサンポーダメです.ねとらぼ交通課ジモコロSPOTコエテコbe-topiaといった各サイトへの寄稿も、こちらのブログも、今まで通りゆるゆるだらだらとやっていきたいとおもっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。

 

 

【be-topiaで記事を書きました】銚子電鉄の新名物!まずい棒は本当にまずいのか!?

 

※今回はただのお知らせです。

 

 

 

be-topiaというサイトで記事を書いております。こちらは10月31日にオープンしたばかりのウェブメディア。finbee(フィンビー)という自動貯金アプリの会社が運営しているオウンドメディアです。なんかこの文章恒例になりつつありますね。 

 

 

前々回前回の記事に引き続き、千葉県は銚子市からお届けします。

前回の記事告知でしきりに「13年ぶり」と言っていましたが(年をまたいだので14年前になりましたね)、2006年はそう、銚子電鉄のぬれ煎餅がネットでバズった年。

2chが中心だったような気がしますが、わたしは当時ハマっていたmixiから知りました。

ミーハーでおもしろいもの好きのわたしとしては、いてもたってもいられず速攻友人と銚子に出かけた……のですが、軽く風邪気味くらいだった調子が銚子で悪化(ギャグじゃないよ!)結局犬吠駅でぬれ煎餅を1枚買っただけでそのまま戻ってきてしまったのでした。今回はそのリベンジというか、その伝説のホームページを作った社長にインタビューができた!ということで、個人的にはめちゃめちゃうれしかったです。

そんなわけで、古いインターネットのオタクたちは大歓喜!な今回の記事。ぜひ読んでもらえたらうれしいです。さて、それでは使わなかった写真たちです。3記事分まとめてどーんと行きましょう!

f:id:raira21:20200104022714j:plain

外を見るわたし。シートに膝をつこうかと一瞬思ったのですが、大人なのでやめておきました。

f:id:raira21:20200104022731j:plain

銚子駅のホーム。ホームの先を切り欠いて、銚子電鉄のホームになっているんですよ。珍しいパターンですよね。

f:id:raira21:20200104022926j:plain

駅の椅子に出ている広告がとってもよかった。銚子は醤油が名物です。

f:id:raira21:20200104023051j:plain

一般道なのになぜか緑の看板があって気になりました。なぜだ。

f:id:raira21:20200104023747j:plain

犬吠テラステラスで人気、「新鮮な卵を使ったバウムクーヘン」。黄色い!!

f:id:raira21:20200104023908j:plain

パン屋さん「ohana」で一番人気なのは塩堅焼きバター。食後だったので食べれませんでしたが、おいしそうでしたねぇ……

f:id:raira21:20200104024059j:plain

干物もおいしそうでした。落花生の写真とどっちを使おうか迷ったやつです。

f:id:raira21:20200104023233j:plain

背後に立つまずえもん、じつは「まずえもん神社」だったのです。ご神体?

f:id:raira21:20200104024211j:plain

アイキャッチ写真の別ショット。まずい棒がでかすぎて、めちゃめちゃぷるぷるしてました。編集さんに「早く撮って~!!」と懇願してるわたし。

そんなわけで、ひときわ思い入れの強い今回の記事。ぜひとも読んでいただけたらうれしいです!よろしくどうぞ。

 

CRAZY STUDY(通称:クレスタ)やサンポーダメです.ねとらぼ交通課ジモコロSPOTコエテコメシ通への寄稿も、こちらのブログも、今まで通りゆるゆるだらだらとやっていきたいとおもっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

そんなわけで告知でした。オチはありません。

 

こちらのサイトともども、少年Bをみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のご依頼も承っております。
TwitterのDM、もしくはraira21hot■gmail.com(■は@が入ります)までご連絡ください。